トップページ > 技術情報 > ポリエチレン樹脂について

ポリエチレン樹脂について

ポリエチレン樹脂について

ポリエチレンは、プラスチックの中でももっとも代表的な樹脂です。一般的に以下のような特徴を持っています。

1

高密度から低密度までの性状の異なるポリエチレンがあり、用途に応じて使い分けることができます。


2

比重は小さく、水より軽いため、製品の軽量化がはかれます。(比重 0.91~0.97g/cm3) 低発泡射出成型では、窒素ガスにより発泡させることにより更に軽量化しています。


3

成形性が優れており、当社では、回転成形大型中空成形低発泡射出成形に使用しています。


4

機械的強度が優れているため、幅広い用途に使用できます。


5

耐熱性に優れ、かつ低温時の機械的強度が特に優れています。(当社角型・丸型容器・ローリータンクの使用可能温度 −20℃〜40℃)


6

吸水率が非常に少ないことから、雨水貯留タンク、水や排水処理用タンクに使用されています。


7

電気絶縁性が優れているため、絶縁を必要とする用途にも使用いただいております。


8

衛生的にも無毒であり、食品用途に適しています。当社の食品用途製品は、ポリオレフィン等衛生協議会の確認証明書を取得しています。


9

耐薬品性が優れているため、酸、アルカリ等、様々な薬液タンクとして幅広く使用していただいております。
※但し、産業資材製品を除きます。


10

他樹脂と比べ、耐候性が優れおり、屋外で使用される用途にも使用できます。