トップページ > 製品情報 > FRPタンクの特性

製品情報

FRP製タンク

樹脂グレード別用途

樹脂のタイプ 樹脂のグレード 特  徴  用  途 
ビニルエステル樹脂 ビスフェノール系 耐酸、耐アルカリ 耐蝕タンク等の耐蝕層
ノボラック系 耐熱、耐酸 耐熱、強酸用の耐蝕層
不飽和ポリエステル樹脂 イソフタル酸系 一般耐蝕(耐酸) 1.水タンク用
2.タンク等の強化層
ビスフェノール系 一般耐蝕(耐酸) タンク等の強化層

※ 内溶液の純度、濃度、温度をお知らせください。最適な樹脂をお選びします。



断面図

FRPの物理的特性

項  目 単  位 耐蝕FRP製品
比重   1.4~2.3
引張り強さ MPa 120~200
引張り弾性率 MPa 6,000~18,000
伸び率 % 1.0~1.8
圧縮強さ MPa 108~216
曲げ強さ MPa 120~300
曲げ弾性率 MPa 6,000~12,000
熱伝導率 W/m℃ 0.22
比熱 KJ/kg℃ 1.2~1.3
線膨張係数 10-6/℃ 23
常用限界温度 -40~+120

注) 参考値
※ 製品の使用温度80℃を超えるものについてはご相談ください。



耐薬品性

耐蝕性に優れたFRP。酸やアルカリなどの各種化学薬品の影響がきわめて少なく、耐久性に優れています。
※弊社基準において、内容液が塩酸の場合は原則としてFRPは不可としております。

(1)表に記されていない薬品についてはお問い合わせ下さい。
(2)複数の薬品が混合して存在する場合、最高使用温度は単一で存在する表の数値より低下致します。お問い合わせ下さい。
(3)次亜塩素酸ナトリウムについては内面PVC/外面FRPのハイブリッド構造及び光硬化樹脂で対応しております。お問い合わせ下さい。

トップページ | 前ページにもどる | ▲このページのトップへ